7 免責事項|DVDダビングサービス【Liberty】メディアプロデュース リバティ|新潟県長岡市│ビデオテープダビングサービス
HOME >免責事項

免責事項

免責事項

1.配送中又は作業中のデータの破損について

メディアプロデュース リバティではお預かりしたメディアやデータを細心の注意を払ってお取り扱いいたしますが、配送中又は作業中に不慮の事故によって起きたデータの損失についての損害賠償はいたしておりません。
予めご了承ください。
特に、古いテープメディアにつきましては、劣化により作業中にテープの切断や巻き込みが発生する場合がございます。
その場合はテープ単価相当額のテープを代替品として保証させていただきますが、それ以上の保証は行なえませんのであらかじめ御了承ください。

2.著作権法・公序良俗に反する映像の取り扱いについて

当社では著作権法に違反する恐れのある、もしくは成人向けの公序良俗に反するコンテンツが納められたメディア・データはお取り扱いしておりません。
万一当社にご依頼いただいた製作物が著作権侵害によって第三者から指摘された場合、当社で責任を負うことはできませんので予めご了承ください。
サービスのご利用は利用者様ご自身の責任において行っていただくようお願いいたします。

3.当社のDVDダビング仕様について

当社ではDVDコピーに用いるメディアは国内メーカーの製品を使用し、記録方式は通常"DVD-R for General ver2.0"になります。
再生は、多くの一般的なDVDプレ-ヤー(DVD-R for Generalが再生できるプレ-ヤー)でご覧になれなますが、一部のプレイヤー(2000年以前に発売された DVDプレ-ヤーなど)で再生できない事があります。
特にSONYプレイステーション2では、出荷時期によっては再生できない場合があります。
これはDVD-R規格の特性上の問題であり、技術的に全てのプレイヤーでの再生互換を取ることは出来ません。
また、PCのDVDドライブとメディアとの相性によりディスクを認識しない、または再生できない事があります。当社にてコピー済みのDVD-Rは一般プレイヤーとPCでの再生チェックを経てお客様の元へお届けしていますが、互換性の問題(プレイヤーやDVDドライブとの相性などの不具合)による返金はできませんのであらかじめご了承ください。
万一、ディスク面の物理的破損または記録エラーによる不具合で正常に再生できない場合は、同数のDVD-Rを再度コピーさせて頂きます。


PAGE TOP